Kintoneの管理者の種類

Kintoneの管理者には、以下の4つがあります。

  • Kintone共通管理者
    ユーザーや組織の登録や、セキュリティの設定を行います。
  • Kintoneシステム管理者
    Kintone共通の設定や、JavaScriptカスタマイズなどを行います。
  • アプリ管理者
    各アプリの設定を変更します。
  • スペース管理者
    各スペースの設定を変更します。

各管理者の役割や設定方法については、次のとおりです。

Kintone共通管理者

  • 管理者の役割
    Kintone共通管理で、ユーザーや組織の登録や、セキュリティの設定をします。

  • 設定できるアクセス権
    Kintone共通管理での権限設定を参照してください。

  • 管理者の設定方法
    Kintone共通管理の管理者の設定で設定します。

Kintoneシステム管理者

  • 管理者の役割
    Kintoneシステム管理で、アプリやスペースの作成権限の設定や、アプリやスペースの管理を行います。
    また、Javascriptカスタマイズを行うことができます。

  • 設定できるアクセス権
    Kintoneシステム管理での権限設定を参照してください。

  • 管理者の設定方法
    Kintoneシステム管理の「アクセス権」の設定で設定します。

アプリ管理者

  • 管理者の役割
    各アプリの設定画面で、設定を変更します。

  • 管理者の設定方法
    アプリのアクセス権で、管理者にするユーザー/組織/グループに対して「アプリ管理」を有効にします。

スペース管理者

  • 管理者の役割
    各スペースの設定画面で、設定を変更します。

  • 管理者の設定方法
    「スペースの管理」の参加メンバータブで、ユーザー/組織/グループに対して「管理者」を有効にします。