アプリグループとは

アプリグループとは、複数のアプリのアクセス権を一括で管理するためのものです。
複数のアプリに一括でアプリの作成権限や管理権限などを設定することが可能です。

アプリはいずれかのアプリグループに所属し、アプリ作成時はデフォルトで「Public」というアプリグループに所属します。
「Public」以外にも、Kintoneシステム管理者はアプリグループを自由に作成することができます。

アプリグループの詳細について、以下に説明します。

あらかじめ設定されているアプリグループ

Kintoneには、次のアプリグループがあらかじめ設定されています。これらのアプリグループは、削除することはできません。

Public

  • アプリを作成すると、デフォルトではPublicアプリグループに所属します。
    デフォルトのアプリグループをPublicからほかのアプリグループに変更することは可能です。
  • 初期設定では、Publicに所属するアプリはすべてのユーザーに公開されます。
  • アプリグループのアクセス権を変更することで、アプリの作成や使用などの操作をユーザーごとに制限できます。
  • スペース内アプリはPublicに所属し、アプリグループを変更することはできません。
    非公開スペースのアプリは、スペースのメンバーだけがアクセスできます。

Private

  • Privateに所属するアプリは、アプリの作成者だけが利用可能です。
    ポータルのアプリ一覧やシステム管理のアプリ管理画面で、アプリの作成者だけに表示されます。
  • アプリの作成権限を持つすべてのユーザーが、Privateに所属するアプリを作成できます。

アプリグループの作成と管理

あらかじめ設定されているアプリグループ以外にも、システム管理画面から新しいアプリグループを作成することができます。
アプリグループの作成と管理には、アプリグループの管理権限が必要です。Kintoneシステム管理者のアクセス権のひとつとして設定します。

アプリグループの作成と管理に必要な権限

アクセス権を設定

「アプリグループの管理」の操作を許可されたユーザーは、アプリグループの作成と管理ができます。

「アプリグループの管理(閲覧のみ)」の操作だけを許可されたユーザーは、次の操作はできません。

  • アプリグループの作成
  • アプリグループ名の変更
  • アプリグループのアクセス権の変更の保存
  • アプリグループの削除

「アプリグループの管理」や「アプリグループの管理(閲覧のみ)」の操作を許可するユーザーには、「システムの管理」も許可する必要があります。
Kintoneの管理者を設定する

アプリグループの作成方法

システム管理のアプリグループ画面から作成できます。
詳細はアプリグループを追加するで説明しています。

作成したアプリグループでできること

作成したアプリグループでは、ユーザー、組織、およびグループに対して、次の操作を許可または禁止できます。

  • そのグループに所属するアプリの作成
  • そのグループに所属するアプリの管理、使用および削除
    アプリグループで禁止されている操作は、アプリのアクセス権の設定にかかわらず、できません。

アプリグループを確認する

アプリが所属しているアプリグループは、次の方法で確認できます。

  • Kintoneシステム管理で確認する
    システム管理画面を開き、「アプリグループ」を開きます。
    各アプリグループの[所属するアプリ]をクリックすると、そのアプリグループが設定されているアプリを確認できます。

  • アプリの設定画面で確認する
    アプリが所属しているアプリグループは、アプリのアクセス権画面から確認および変更できます。
    詳しくは、所属するアプリグループを変更するページで説明しています。

  • アプリ管理画面で確認する
    アプリ管理画面のアプリの一覧で、アプリが所属するアプリグループを確認できます。
    詳しくはアプリ管理画面でアプリの一覧を確認するを参照してください。 アプリ管理画面