レコードを登録後に「データの読み込みに失敗しました。権限がありません。」と表示されて、登録したレコードを閲覧できない

レコードを登録後に「データの読み込みに失敗しました。権限がありません。」というエラーが表示される場合は、レコードの作成ユーザーに、登録したレコードの閲覧権限がないと考えられます。

アプリとレコードのアクセス権を確認し、レコードを作成するユーザーに閲覧権限を設定してください。

アプリにアクセス権を設定する

  1. レコード一覧画面の右上にあるアプリ設定ボタン 設定ボタン をクリックし、「設定」タブ > 「アクセス権」の[アプリ]を選択します。

  2. 該当ユーザーに対して、レコードの閲覧権限を設定します。
    例:全員にレコードの閲覧権限を付与する場合

  3. 画面左上の[保存]をクリックし、アプリを更新します。

レコードにアクセス権を設定する

レコード1件ずつに対して、レコードを閲覧できるユーザーを設定します。フィールドの値を条件にして、レコードごとに異なるアクセス権を設定できます。

  1. レコード一覧画面の右上にあるアプリ設定ボタン 設定ボタン をクリックし、「設定」タブ > 「アクセス権」の[レコード]を選択します。

  2. 「レコードの条件(優先度順)」で、アクセス権を設定するレコードの条件を指定します。

  3. 「ユーザー/組織/グループとアクセス権」で、該当のユーザーを選んで「閲覧」にチェックを入れます。
    例:文字列(1行)フィールドが「あいうえお」のとき、レコード作成者に閲覧権限を付与する場合

  4. 画面左上の[保存]をクリックし、アプリを更新します。