パスワードの複雑さや有効期間を設定する

パスワードに使用できる文字やパスワードの有効期間などを設定します。
パスワードに制限を設定すると、パスワードが強固になり、セキュリティの向上が見込めます。
パスワードはセキュリティを守る大切なものです。他の人に知られたり紛失したりしないよう、大切に保管する旨もあわせてアナウンスしてください。

  1. Kintone共通管理画面にアクセスします。

  2. 「セキュリティ」の[ログイン]をクリックします。 [ログイン]が赤枠で囲まれた画像

  3. 「パスワードポリシー」セクションで、パスワードの最低文字数を選択します。 パスワードポリシーの設定画面

    1. ユーザーパスワードの最低文字数
      Kintone共通管理者を除く、すべてのユーザーに適用されます。
    2. 管理者パスワードの最低文字数
      Kintone共通管理者に適用されます。
  4. パスワードの複雑さを選択します。 パスワードポリシーの設定画面

  5. ログイン名と同じパスワードの使用をユーザーに許可するかどうかを設定します。
    セキュリティ上、この設定は許可しないことを推奨します。
    パスワードポリシーの設定画面

  6. パスワード再利用の制限回数を選択します。
    パスワードを変更する際に、過去何回前までのパスワードとの重複を制限するかを設定します。
    パスワード再利用の回数には、ユーザー自身がパスワードを変更した回数と、管理者がパスワードを変更した回数の両方がカウントされます。
    セキュリティ上、少ない回数を指定することを推奨します。
    パスワードポリシーの設定画面

  7. パスワードの有効期間を選択します。
    詳細は、パスワードの有効期間についてを参照してください。
    パスワードポリシーの設定画面

  8. 画面下部の[保存]をクリックします。