外部サービスとの連携を許可する(Microsoft Power AutomateやSlackなど)

Microsoft Power AutomateやSlackなどの外部サービスとKintoneとの連携を、ユーザーに許可できます。
認証にはOAuthを使用します。そのため、外部サービスや連携先のサービスにKintoneのログイン名やパスワードを入力することなく、セキュアに連携できます。

Microsoft Power Automateとの連携でできること

Microsoft Power Automateは、Kintone、SharePoint、Dropbox、Slack、メール、Excelなど多数のサービスをユーザーが好きな形で連携させることができるWebサービスです。
Microsoft Power Automateを使うと、Microsoft Power Automateが対応する上記のサービスとKintoneを連携できます。 Kintoneに登録されたデータを連携するサービスに反映することも、連携するサービスに登録されたデータをKintoneに反映することも、どちらも可能です。

例:

  • Outlookなどのメールクライアントでメールを受信したら、Kintoneに通知する
  • Kintoneのアプリにレコードが登録されたら、Google Calendarに予定として登録する

Microsoft Power Automateと連携する場合の注意点

お使いのドメインでIPアドレス制限が有効な場合、そのままでは連携サービスを利用できません。
作業する前に、Microsoft Power Automate、Office 365とMicrosoft Azureが使うIPアドレスからのアクセスを許可しておく必要があります。許可するIPアドレスは、Microsoft社の次のページを参照してください。


連携するサービスとKintoneは、Microsoft Power Automateで同じデータグループに設定する必要があります。

Slackとの連携でできること

Slackはチャットサービスです。
SlackとKintoneを連携すると、プロセス管理でレコードの作業者になったユーザーにSlackのダイレクトメッセージで通知できるようになります。
アプリとSlackを使ってタスクを管理する場合に便利な機能です。

STEP1:Kintone共通管理画面で外部連携を許可する

ここでは、Microsoft Power Automateとの連携を許可する場合を例に説明します。

  1. Kintoneのトップページで歯車アイコンをクリックし、「Kintone共通管理」をクリックします。 Kintone共通管理が赤枠で囲まれた画像
  2. 「Kintone共通管理」画面の「システム管理」の、[外部連携]をクリックします。 [外部連携]が赤枠で囲まれた画像
  3. Microsoft Power Automateを[有効]にし、[連携利用ユーザーの設定]をクリックします。 外部サービスとの連携を設定している画像
  4. [連携利用ユーザーの設定]画面で、外部連携サービスの利用を許可するユーザーにチェックを入れます。
    組織を選択してユーザーを絞り込んだり、ユーザー検索パーツで検索したりできます。 特定のユーザーを選択している画像
  5. [保存]をクリックします。 [保存]が赤枠で囲まれた画像 Kintone共通管理画面での設定は、これで完了です。

STEP2:Kintoneアプリ側で必要な設定をする

Kintone共通管理画面での設定が完了したら、利用するサービスにあわせて、Kintoneアプリ側で必要な設定をします。

Microsoft Power Automateの場合

次のページを参照し、KintoneとWebサービスとの連携を設定します。

Slackの場合

次のページを参照し、KintoneとWebサービスとの連携を設定します。

ユーザーが利用している外部連携サービスを確認する方法

  • Kintone共通管理者が確認する場合:
    ユーザー情報の編集画面で、ユーザーが利用中の外部連携サービスを確認できます。 利用中の外部連携サービスが赤枠で囲まれた画像
  • ユーザー自身が確認する場合:
    自分のアカウント設定から利用中の外部連携サービスを確認したり連携を解除したりできます。
    ユーザーが連携サービスを確認・解除する