Microsoft Power AutomateとKintoneを連携する

Microsoft Power Automateを使って、KintoneとほかのWebサービスの間でデータをやり取りできます。たとえば、Kintoneにレコードが登録されたときにSlackなどのチャットアプリに投稿する、逆にSlackに特定のキーワードを含む投稿があったときにKintoneにレコードを登録する、といった連携が可能です。

このページでは、OutlookやGmailとの連携を例にMicrosoft Power AutomateとKintoneの連携を説明します。

設定例:Kintoneにレコードが登録されたらOutlookでメールを送信する

  1. Kintoneのアプリを作成します。
    メールに送信する情報として、次のフィールドを用意します。
    フィールド名 フィールドタイプ
    日付 日付フィールド
    店舗 ドロップダウンフィールド
    売上 数値フィールド
    画像
  2. Microsoft Power Automateにサインインして、左側のメニューから[マイフロー]をクリックします。
    Microsoft Power Automate(Microsoft Power Automateのサイト)
    Microsoft Power Automateでは、連携設定を「フロー」と呼びます。 画像
  3. [新規]をクリックし、[自動―一から作成]をクリックします。
    画像
  4. [すべてのトリガーを検索する]をクリックして、Kintoneを検索します。フロー名は任意で入力します。 画像
  5. [レコードがアプリに追加されたとき]をクリックして、[作成]をクリックします。 画像

  6. 連携先のKintoneのドメインを入力し、[サインイン]をクリックします。

    • ドメインは、KintoneのURLの、下記の部分です。
      例)https://example.kintone.com/k/#/portal
    • 一度サインインをすると、次にフローを作成するときはこの画面は表示されません。
    画像

  7. 連携を許可するかどうか確認する画面が表示されたら、[許可]をクリックします。
    画像

  8. 連携で利用するアプリのIDを入力します。

    • アプリIDはアプリのURLで確認できます。
      例)https://example.kintone.com/k/23/
    • ゲストスペース内のアプリは連携できません。
    画像

  9. [新しいステップ]をクリックします。
    画像

  10. 「Outlook」と検索して、[メールの送信]をクリックします。
    画像

  11. メールに載せる情報を設定します。
    メールに載せる情報は、Kintoneのアプリのデータと、固定の文字列を組み合わせて柔軟に指定できます。たとえば、次のように設定します。

    • 宛先:送信先のメールアドレス
    • 件名:今日の売り上げ [日付フィールド]
    • 本文:本日の売上金額です。
      [店舗フィールド] [売上フィールド] 千円
    画像

  12. [保存]をクリックします。
    画像

フローの設定は以上で完了です。Kintoneのアプリにレコードが登録されたら、Outlookからメールが送られるようになりました。
次に、逆のパターンとして、メールを受信したらKintoneのアプリにレコードを登録するように設定してみましょう。

設定例:Gmailでメールを受信したらKintoneにレコードを登録する

  1. Kintoneのアプリを作成します。
    ゲストスペース内のアプリとは連携できません。
    受信したメールの件名と本文を登録するフィールドを用意します。
    フィールド名 フィールドタイプ
    件名 文字列(1行)フィールド
    本文 文字列(複数行)フィールド
    画像
  2. Microsoft Power Automateにサインインして、左側のメニューから[マイフロー]をクリックします。
    Microsoft Power Automate(Microsoft Power Automateのサイト)
    Microsoft Power Automateでは、連携設定を「フロー」と呼びます。
    画像
  3. [新規]をクリックし、[自動―一から作成]をクリックします。
    画像
  4. [すべてのトリガーを検索する]をクリックして、Gmailを検索します。フロー名は任意で入力します。
    画像
  5. [新しいメールが届いたとき]をクリックして、[作成]をクリックします。
    画像
  6. Gmailへの接続が求められたら、[サインイン]をクリックします。
    画像
  7. [許可]をクリックします。
    画像
  8. [新しいステップ]をクリックします。
    画像
  9. アクションの選択画面で「kintone」と入力して検索し、設定したいアクションを選択します。今回はレコード追加のアクションを選択します。
    画像

  10. Kintoneにログインする画面が表示された場合、ドメインを入力し、[サインイン]をクリックします。

    • ドメインは、KintoneのURLの、下記の部分です。
      例)https://example.kintone.com/k/#/portal
    • 一度サインインをすると、次にフローを作成するときはこの画面は表示されません。
    画像

  11. 連携を許可するかどうか確認する画面が表示されたら、[許可]をクリックします。
    画像

  12. Kintoneのアプリのレコードに登録する情報を設定します。
    レコードに登録する情報は、メールの項目と、固定の文字列を組み合わせて柔軟に指定できます。
    画像

  13. [保存]をクリックします。
    画像

フローの設定は以上で完了です。Gmailでメールを受信したら、Kintoneにレコードが登録されるようになりました。
画像            画像 画像 そのほかにも、さまざまな便利な連携が可能です。ぜひ試してみてください。