アプリにアクセス権を設定する

アプリにアクセス権を設定すると、アプリを利用できるユーザーを指定・制限することができます。
「アプリのアクセス権」画面で設定できる項目は次の通りです。

  • 所属するアプリグループ
  • レコードの閲覧/追加/編集/削除の権限
  • アプリの管理権限
  • ファイルの読み込み権限(レコードの一括追加と一括編集)
  • ファイルへの書き出し権限(レコードや集計結果の書き出し)

アプリグループの設定については、所属するアプリグループを変更するのページで説明しています。

アクセス権の初期設定

初期設定では、次の操作は、アプリの作成者だけに許可されています。アプリの作成者ができる操作は変更が可能です。

  • アプリの管理*
  • ファイルの読み込み権限(レコードの一括追加と一括編集)
  • ファイルへの書き出し権限(レコードや集計結果の書き出し)

*Kintone共通管理者は、アクセス権の設定に関わらずアプリの管理権限があります。

設定手順

  1. レコード一覧画面の右上にあるアプリ設定ボタン 設定ボタン をクリックし、「設定」タブにある 「アクセス権」の[アプリ]を選択します。

  2. 「ユーザー/組織/グループとアクセス権」で、必要に応じてユーザー/組織/グループを追加します。 アプリを更新

  3. ユーザー/組織/グループに対して、許可したい操作にチェックを入れます。

    1人のユーザーに対して複数の権限を設定した場合、上の行の設定が優先されます。
    レコード閲覧とレコード追加のアクセス権がないユーザーには、アプリが表示されません。

    たとえば、次のように設定すると、「佐藤 昇」だけにすべての操作が許可され、他のユーザーにはアプリが表示されなくなります。

    設定例1:
    佐藤 昇 [✔]レコード閲覧 [✔]レコード追加 [✔]レコード編集 [✔]レコード削除 [✔]アプリ管理 [✔]ファイル読み込み [✔]ファイル書き出し
    Everyone [  ]レコード閲覧 [  ]レコード追加 [  ]レコード編集 [  ]レコード削除 [  ]アプリ管理 [  ]ファイル読み込み [  ]ファイル書き出し

    また、次のように設定すると、「佐藤 昇」以外のすべてのユーザーにすべての操作が許可され、「佐藤 昇」にはアプリが表示されなくなります。
    設定例2:
    佐藤 昇 [  ]レコード閲覧 [  ]レコード追加 [  ]レコード編集 [  ]レコード削除 [  ]アプリ管理 [  ]ファイル読み込み [  ]ファイル書き出し
    Everyone [✔]レコード閲覧 [✔]レコード追加 [✔]レコード編集 [✔]レコード削除 [✔]アプリ管理 [✔]ファイル読み込み [✔]ファイル書き出し
  4. アクセス権の画面左上の[保存]をクリックします。 保存

  5. アプリ設定画面右上の[アプリを更新]をクリックします。 アプリを更新

複数のアプリにアクセス権を設定したいとき

アプリのアクセス権は、アプリごとに設定する必要があります。
アプリグループを利用すると、複数のアプリに同じアクセス権を設定することができ、ひとつずつアクセス権を設定する手間を省くことができます。

アプリグループでは、そのアプリグループに所属しているアプリ全体にアクセス権を設定できます。また、システム管理者はアプリグループを追加することが可能です。
詳細は、以下を参照してください。
アプリグループを追加する
アプリグループにアクセス権を設定する

アプリごとに所属するアプリグループを設定することもできます。アプリグループの変更は、アプリのアクセス権画面から行います。
所属するアプリグループを変更する

システム管理で、アプリ作成時にデフォルトで所属するアプリグループを設定しておくことも可能です。
デフォルトのアプリグループを変更する