一覧を設定する

アプリの設定画面でレコードの一覧を追加できます。
下記のSTEP順に操作します。

STEP1:一覧の名前を設定する

  1. アプリのレコード一覧画面の右上にある設定メニュー 設定メニュー をクリックします。
    アプリの管理権限がない場合、設定メニュー 設定メニュー は表示されません。
    アプリの設定画面を開く

  2. 「一覧」タブをクリックします。

  3. 一覧を追加するボタン 画像 をクリックします。
    画像

  4. 「一覧名」に一覧の名前を入力します。
    一覧名入力 STEP2に進みます。

STEP2:一覧の表示形式を選択する

「レコード一覧の表示形式」で、表示形式を設定します。 レコード一覧の表示形式 表示形式を設定したあとに、STEP3に進みます。

表形式にする場合

表形式一覧作成 レコードの一覧画面に表示するフィールドを、左側の欄から右側の欄にドラッグアンドドロップします。一度に1フィールドずつ追加してください。
フィールドは、右側の欄の並び順でレコード一覧画面に表示されます。

カレンダー形式にする場合

カレンダー形式一覧
  • 日付:
    レコードが表示される日付を指定するフィールドを選択します。
    フィールドに入力した日付、または日時をもとに、カレンダーにレコードが表示されます。
  • タイトル:
    カレンダーに表示するタイトルにするフィールドを選択します。

カスタマイズする場合

カスタマイズ形式一覧

  • 一覧を表示する範囲:
    「PC版のみで表示する」または「PC版とモバイル版で表示する」のどちらかを選択します。
  • 一覧ID:
    自動的に割り振られる一覧のIDです。
  • ページネーションを表示する:
    ページネーションの表示/非表示を切り替えられます。
    初期値はチェックがオンでページネーションを表示する設定です。 ページネーションを表示する設定になっていると、カスタマイズ形式の一覧を表示するとき、レコード情報を取得します。
    チェックを外すと、"レコード一覧表示時イベント"のイベントオブジェクトから、レコード情報が取得できない状態になります。
  • HTML:
    一覧のHTMLコードをHTML5で記述します。
    次のタグは不要です。
    <html>
    <head>
    <body>
    JavaScriptのコードは記述できません。JavaScriptを使用するには、JavaScript / CSSカスタマイズ機能を使用します。

STEP3:一覧に適用する絞り込みを設定する

必要に応じて、レコード一覧画面に表示するレコードを絞り込みます。

  1. 下記の記事を参照して、絞り込みを設定します。
    「次のキーワードを含む」/「次のキーワードを含まない」を使用する場合の注意事項
    フィールドの値の条件を組織で指定する場合の絞り込み結果の違い
    「ソート」で選択できるフィールドを教えてください 一覧の絞り込み設定 STEP4に進みます。

STEP4:一覧の設定を保存する

  1. 画面左上の[保存]をクリックします。

  2. 画面右上の[アプリを更新]をクリックします。