プラグインの有効/無効を切り替える

アプリ設定のプラグイン画面から、各プラグインの有効/無効を切り替えることが可能です。
プラグイン追加時は、「有効」の状態になっています。プラグインを無効にすると、利用者の操作画面(レコード詳細/一覧など)にプラグインが読み込まれず、動作が停止します。

たとえば、アプリの動作に問題が発生した際などに、プラグインの設定は残したまま、プラグインの動作のみを一時停止(無効化)して、問題の切り分けや修正作業を行うことができます。

プラグインの有効/無効を切り替える手順は次のとおりです。

  1. レコード一覧画面の右上にあるアプリ設定ボタン 設定ボタン をクリックし、「設定」タブの「カスタマイズ/サービス連携」にある[プラグイン]を選択します。

  2. 現在有効なプラグインを無効にする場合は、[無効にする]をクリックします。
    現在無効なプラグインを有効にする場合は、[有効にする]をクリックします。

  3. 画面上部に表示されるメッセージの[アプリの設定]をクリックするか、パンくずリストの[アプリの設定]をクリックします。

  4. アプリの設定画面右上の[アプリを更新]をクリックし、[OK]をクリックします。