ルックアップ

ルックアップフィールドを配置すると、他のアプリにあるレコードの情報を参照してデータを取得(コピー)することができます。同じ内容のデータを繰り返し入力せずに済むことで、入力ミスを防ぎ、入力時間を短縮できます。

たとえば、案件管理アプリにルックアップフィールドを配置して、参照先として顧客管理アプリを指定します。これにより、案件管理アプリでレコードを登録するときに、顧客管理アプリのデータを取り込むことができるようになります。 ルックアップフィールド

よく組み合わせて利用されるフィールドと機能

  • 関連レコード一覧フィールド
    関連レコード一覧フィールドを設定すると、条件に一致したレコードを一覧で表示することができます。
    他のアプリまたは同じアプリのレコードを表示することができるので、関連する情報をひとつのレコードにまとめて表示したいときに便利です。

  • アプリのアクション機能
    アクション機能を利用すると、他のアプリまたは同じアプリにレコードのデータを転記して、新しいレコードを登録することができます。

ルックアップフィールド、関連レコード一覧フィールド、アプリアクション機能の3つを組み合わせると、複数のアプリ間でデータを連携できるようになり、より効率的にKintoneを利用できます。

ルックアップの使いかた

ルックアップの設定方法や使いかたについては、次のページを参照してください。

使用例

複数のアプリに同じ情報を入力している場合、ルックアップフィールドを設定することで入力を効率的に行えるようになります。
たとえば、案件管理アプリに入力するときに、顧客管理アプリに入力していた会社名を参照して入力することが可能です。

ユーザーの操作方法

ルックアップフィールドの設定後、次のように操作を行います。

  • [取得]をクリックして、他のアプリからレコードを選択します。 案件管理アプリの例
  • 文字を入力してから取得すると、絞り込まれて表示されます。絞り込みボタン 漏斗ボタンをクリックして、さらに絞り込む条件とソートを指定することも可能です。 絞り込み

ルックアップフィールドの設定項目

ルックアップフィールド
  • フィールド名
    • 入力項目に対する見出しを指定します。
  • フィールド名を表示しない
    • レコードの追加/編集/詳細/印刷用画面で、フィールド名を非表示にします。
  • 必須項目にする
    • 値の指定を必須にします。
  • 関連付けるアプリ
    • 参照元となるアプリを選択します。
      アプリ名を入力すると、一致するアプリが表示されます。
      一度選択した後にフォームを保存すると、この設定は変更できません。
  • コピー元のフィールド
    • 関連付けるアプリからコピーして取得するフィールドを選択します。
      コピー元のフィールドには、レコード番号、文字列(1行)、数値、計算、ルックアップ、リンクのフィールドを指定できます。
      一度選択した後にフォームを保存すると、この設定は変更できません。
  • ほかのフィールドのコピー
  • コピー元のレコードの選択時に表示するフィールド
    • レコード選択画面に表示するフィールドを選択します。
      矢印アイコンをドラッグアンドドロップすると、フィールドの表示順を変更できます。
  • 絞り込みの初期設定
    • 選択画面のレコードを絞り込む条件を指定します。
  • ソートの初期設定
    • 選択画面のレコードの並び順を指定します。
  • フィールドコード
    計算式やAPIで、このフィールドを指定する際に利用する文字列です。