[ROUND関数]数値を四捨五入、切り上げ、切り捨てする

計算式にROUND関数を設定すると、数値を四捨五入して指定の桁数まで求めることができます。
また、ROUNDDOWN関数およびROUNDUP関数を設定して、切り捨てと切り上げも可能です。

ROUND(数値[, 桁数])

数値を「四捨五入」します。
四捨五入する桁数を指定できます。
ROUNDDOWN(数値[, 桁数])

数値を「切り捨て」します。
切り捨てる桁数を指定できます。
ROUNDUP(数値[, 桁数])

数値を「切り上げ」します。
切り上げる桁数を指定できます。

第1引数の[数値]には数値フィールドのフィールドコードを指定します。
第2引数の[桁数]には四捨五入、切り捨て、切り上げしたい桁数を指定します。いずれの関数も、第2引数の[桁数]は省略できます。第2引数を省略した場合は、「0」を指定したとみなされます。

計算式の例

計算式(本体価格の計算):ROUND(本体価格 * 1.1)

本体価格に消費税率(1.1)をかけた数値を四捨五入して、税込価格を計算します。この例では整数を求めているため、第2引数の「0」は省略しています。

桁数の指定方法

四捨五入、切り捨て、切り上げする対象の桁を[桁数]で指定します。
たとえばROUND関数の[桁数]に「2」を指定すると、小数点以下第3位が四捨五入されて、小数点以下第2位までの数値が計算結果になります。
[桁数]に負数を指定すると、整数部分が四捨五入、切り捨て、切り上げの対象になります。たとえばROUND関数の[桁数]に「-2」を指定すると、十の位が四捨五入されます。

数値 指定する桁数 処理をする桁 結果
1234.567 3 小数点第4位 四捨五入:1234.567
切り捨て:1234.567
切り上げ:1234.567
1234.567 2 小数点第3位 四捨五入:1234.57
切り捨て:1234.56
切り上げ:1234.57
1234.567 1 小数点第2位 四捨五入:1234.6
切り捨て:1234.5
切り上げ:1234.6
1234.567 0 小数点第1位 四捨五入:1235
切り捨て:1234
切り上げ:1235
1234.567 -1 1の位 四捨五入:1230
切り捨て:1230
切り上げ:1240
1234.567 -2 10の位 四捨五入:1200
切り捨て:1200
切り上げ:1300
1234.567 -3 100の位 四捨五入:1000
切り捨て:1000
切り上げ:2000

設定手順

本体価格に消費税率(1.1)をかけた数値を四捨五入して、税込価格を計算する手順を説明します。

  1. アプリのフォーム設定画面を開いて数値フィールドを配置し、フィールド名とフィールドコードを「本体価格」にします。

  2. 計算フィールドを配置し、フィールド名を「税込価格」にします。

  3. 「税込価格」フィールドに次の計算式を入力します。

    • ROUND(本体価格 * 1.1)
  4. フォームを保存して、アプリを更新します。

本体価格を入力すると、消費税10%をかけた税込価格が計算されます。