[ゲストの操作] ゲストアカウントをKintoneアカウントと共通化する

契約中のKintoneと招待されたゲストスペースとで、アカウントを共通化できます。
アカウントを共通化すると、シングルサインオンができるようになり、また、ゲストユーザーの利用料が無料になります。

アカウントを共通化するメリット

アカウントを共通化するメリットは次の通りです。

  • 契約中のKintoneから招待されたゲストスペースに、追加のログインなしで利用できる(シングルサインオン)。

  • ゲストユーザーの利用料が無料になる。

  • 契約中のKintoneに、参加中のゲストスペースで受信した自分宛の未読通知数が表示される。 参加中のゲストスペースで受信した自分宛の未読通知数の画像

アカウントを共通化できる条件

次の条件にあてはまる場合、ゲストアカウントをKintoneアカウントと共通化できます。

  • ゲストスペースに招待されているか、または招待されたゲストスペースにゲストとして参加している(ゲストアカウントを持っている)
  • ご自身の会社などでKintoneを契約して利用している(Kintoneアカウントを持っている)
    試用期間中はアカウントを共通化できません。

アカウントを共通化する手順

アカウントを共通化できるタイミングは、次の2通りです。

  • ゲストスペースに招待されて参加するとき
  • ゲストスペースに参加中のとき

ゲストスペースに招待されて参加するときにアカウントを共通化する

招待されたゲストスペースに参加するとき、「Kintoneアカウントで参加」欄から参加してアカウントを共通化できます。
詳細は[ゲストの操作] 招待されたゲストスペースに参加するのページを参照してください。

ゲストスペースに参加中のときにあとからアカウントを共通化する

招待されたゲストスペースをすでに利用中の場合、あとからアカウントを共通化できます。

  1. ゲストアカウントで参加しているスペースにログインします。
  2. 画面右上の設定メニュー 歯車アイコン をクリックし、[アカウントの共通化]をクリックします。 画像
  3. 「ご自身の会社などでご利用中のKintoneのURL」を補完し、[アカウントを共通化]をクリックします。
    URLが不明な場合は、後述の「KintoneのURLを確認する」を参照してください。 画像
  4. ご自身の会社などで利用中のKintoneにログインします。
    すでにログインしている場合は、この手順は不要です。 画像

KintoneのURLを確認する

KintoneのURLは、ご自身の会社などで利用中のKintoneにアクセスし、Webブラウザーのアドレスバーを見ることで確認できます。

画像