TIPS:自分に関連するレコードを一覧表示するには

Kintoneのアプリでは、あなたが担当者になっている「自分用の一覧」を表示することができます。
複数人でアプリを使っている場合でも、自分が関係する一覧をすばやく確認できて便利です。 自分用の一覧

担当者のフィールドをアプリに設定する

アプリに担当者を入力するフィールドを設定します。今回はユーザー選択フィールドを配置します。
登録時にユーザー名を表示できるフィールドとして、ほかに作成者フィールドもあります。 ユーザー選択フィールドを追加

自分が担当者になっている一覧は、次の2つの方法で作成できます。

  • レコード一覧画面(アプリのトップページ)から作成する
  • アプリの設定画面から作成する

レコード登録時に自分(ログインユーザー)の名前を表示することもできます。
設定方法はレコード登録時に担当者を初期値で表示するで説明しています。

一覧画面から自分が担当者の一覧を作成する

  1. レコード一覧画面(アプリのトップページ)の絞り込みメニューをクリックします。

  2. 「対応担当者」など、担当者が設定されているフィールド名を選択します。

  3. 組織やグループから選択するアイコンをクリックします。

  4. 「その他」タブで「ログインユーザー」を選択して、[追加(1)]をクリックします。 条件に「次のいずれかを含む」でログインユーザーが追加されたことを確認します。

  5. 必要に応じてその他の絞り込み条件やソートを選択します。
    今回はソートに「期限」と「対応状況」を昇順で選択します。

  6. [保存]をクリックして、一覧名をつけて保存します。
    絞り込んだ一覧を表示するだけの場合は[適用]をクリックします。  

自分が担当者の一覧が作成されました! 自分が担当者の一覧

参考:一覧をブックマークする

一覧の絞り込みをアプリに保存しない場合でも、Kintoneにブックマークしておくことができます。
参考:ページをブックマークする 自分が担当者の一覧をブックマーク

アプリの設定画面から自分が担当者の一覧を作成する

  1. レコード一覧画面(アプリのトップページ)で、設定メニュー 歯車アイコン をクリックします。

  2. 一覧タブを開きます。

  3. 一覧を追加するボタンをクリックして新規の一覧を作成するか、[複製]をクリックして作成済みの一覧をコピーします。
    今回は[複製]をクリックして作成済みの一覧からコピーします。

  4. コピーした一覧の[編集]をクリックします。

  5. 一覧名に「自分の担当一覧」など、任意の名前を入力します。
    必要に応じてレコード一覧に表示するフィールドを変更します。

  6. 絞り込みの条件で「対応担当者」を選択して、組織/グループの選択アイコンをクリックします。

  7. 「その他」タブを開いて「ログインユーザー」を選択し、[追加]をクリックします。 条件にログインユーザーが追加されたことを確認します。

  8. 画面左上の[保存]をクリックします。

  9. 画面右上の[アプリを更新]をクリックします。

自分が担当者の一覧が作成されました! 自分が担当者の一覧