JavaScriptやCSSでKintone全体をカスタマイズする

JavaScriptやCSSを使用して、Kintone全体の動作や画面のカスタマイズができます。

JavaScriptファイルおよびCSSファイルは、PC用とスマートフォン用(スマートフォンアプリを含む)とで分けて取り込めます。
JavaScriptとCSSは、次の画面を除くすべての画面に適用されます。

JavaScriptとCSSが適用されない画面

  • Kintoneシステム管理から設定できる画面
  • アプリの設定画面
  • 個人設定画面
  • 埋め込み用タグを使用して外部サイトに埋め込んだグラフ

JavaScriptプログラムの作成には、APIを使用します。
APIの詳細は、cybozu developer network で公開されています。

Kintone全体のカスタマイズではなく、アプリのみをカスタマイズする場合は、JavaScriptやCSSでアプリをカスタマイズする のページを参照してください。

JavaScript / CSSファイルを取り込む

作成したファイルをKintoneに取り込む手順を説明します。
Kintoneのシステム管理者だけが、KintoneにJavaScript / CSSファイルを取り込めます。

  1. システム管理画面を開きます。
    システム管理画面を開く

  2. [JavaScript / CSSによるカスタマイズ]をクリックします。

  3. カスタマイズの適用範囲を、次の3種類から選択します。

    • すべてのユーザーに適用
    • アプリ管理者だけに適用
    • 適用しない

    すべてのユーザーにカスタマイズを適用する前に、アプリ管理者だけに適用して、正しくカスタマイズされていることを確認してください。
    ここでの設定に関わらず、ゲストユーザーにはカスタマイズは適用されません。

  4. [URL指定で追加]または[アップロードして追加]をクリックし、取り込むファイルを選択します。

    • URLには、kintone.com以外のドメインも指定できます。
    • ファイルは、それぞれ30個まで取り込めます。
    • ファイルは上から順番に読み込まれます。
    • ファイルの順番は、 矢印アイコン をドラッグアンドドロップして変更できます。 全体カスタマイズ画面
  5. [保存]をクリックします。