アプリグループとは

アプリグループは、複数のアプリのアクセス権を一括して管理するためのグループです。
アプリは、いずれかのアプリグループに所属する必要があります。

あらかじめ設定されているアプリグループ

次のアプリグループが、あらかじめ設定されています。

  • Public

    • 初期設定ですべてのユーザーに公開されるアプリグループです。
    • アプリグループのアクセス権を変更することで、アプリの作成や使用などの操作をユーザーごとに制限できます。
    • アプリごとの設定で、ユーザーのアクセスを制限することもできます。
    • スペース内アプリは「Public」に所属します。非公開スペースのアプリは、スペースのメンバーだけがアクセスできます。
  • Private

    • アプリの作成者以外には公開されないアプリグループです。
    • 「Private」に所属するアプリは、アプリの作成権限を持つすべてのユーザーが作成できます。

アプリグループの作成と管理

Public、Private以外のアプリグループを作成することもできます。
作成したアプリグループでは、ユーザー、組織およびグループに対して、次の操作を許可または禁止できます。

  • そのグループに所属するアプリの作成
  • そのグループに所属するアプリの管理、使用および削除
    アプリグループで禁止されている操作は、アプリのアクセス権の設定にかかわらず、できません。

アプリグループの作成と管理の方法は、次のページを参照してください。

アプリグループを確認する

アプリが所属しているアプリグループは、アプリの設定画面およびアプリ管理画面から確認できます。

  • アプリの設定画面の「設定」 タブにある「一般設定」の[アイコンと説明]で、そのアプリが所属するアプリグループを確認/変更できます。
    詳しくは所属するアプリグループを変更するを参照してください。
    アプリの設定画面
  • アプリの管理画面で、アプリが所属するアプリグループを確認できます。
    詳しくはアプリの管理画面にアクセスするを参照してください。 アプリの管理画面