一時的な管理者を作成する

一時的な管理者は、Kintone Storeの管理者だけが作成できる仮のユーザーです。作成から約1時間で利用停止になります。
管理者の退職やアカウント情報の紛失などで、Kintoneの管理画面にアクセスできなくなった際に、一時的な管理者を作成します。

  1. Kintone Storeの管理者で、Kintone Storeにログインします。
    ログインできない場合は、Kintone Storeにログインできません。を参照してください。

  2. 「Domains」の「Administrator」タブを選択します。
    「Domains」画面

  3. 一時的な管理者のパスワードを入力し、[Add]をクリックします。
    一時的な管理者のログイン情報がメールで送信されます。 パスワードを入力する画像

  4. Kintone Storeの管理者のメールアドレスに送信されたメールを確認します。

  5. メールに記載されたログイン名と、手順3で設定したパスワードで、Kintoneにログインします。

  6. [共通管理]をクリックします。
    共通管理画面へのリンクアイコン

  7. 「ユーザー管理」の[組織/ユーザー]をクリックし、ログインできない管理者の編集アイコンをクリックします。
    組織とユーザーの設定画面

  8. ログイン名の確認とパスワードの変更を行います。
    「ログイン名」と[パスワードの変更]が赤枠で囲まれた画像

  9. Kintoneからログアウトします。

  10. 確認したログイン名とパスワードで、Kintoneにログインします。

  11. ログインが成功したら、一時的な管理者を削除します。
    詳細は、ユーザーを削除するを参照してください。

  12. 管理者がログインできない事態を回避できるよう、次の対応を検討します。

    • 管理者を複数人設定する
      Kintone共通管理で設定を変更できます。
      詳細はKintone共通管理者の設定を参照してください。
      「管理者の設定」メニューを示す画像

    • パスワードリセットを許可する
      Kintone共通管理で設定を変更できます。
      パスワードポリシーに関する設定は、全ユーザーに適用されます。
      パスワードポリシーに関する設定画面